[芸能] 麻薬投薬事件のチュ・ジフン、贖罪の120時間


   


麻薬投薬事件で摘発されファンを失望させた俳優のチュ・ジフンが、熱い贖罪の汗を流している。

裁判所から社会奉仕命令120時間の判決を言い渡されたチュ・ジフンは、今月初めからソウル市松坡区巨餘洞(ソンパク・コヨドン)の東部保護観察所の指揮下で、障害者と高齢者のための奉仕活動を行っている。

東部保護観察所によると、チュ・ジフンは1日8〜9時間ほど社会奉仕活動に参加している。毎日午前9時までに観察所に行き、午後6時まで多様な社会奉仕を実施している。

主に障害者や乳幼児福祉施設を訪ねて直接体当たりする奉仕活動が大部分だ。6日には地域福祉館で運営する移動入浴サービス活動に参加し、体を動かすのが不自由な障害者の入浴を手助けした。チュ・ジフンはこうしてあと約3週間にわたり社会奉仕命令を遂行する。

東部保護観察所のキム・ヨンソン執行チーム長は7日、「今月初めにチュ・ジフン氏が初めて観察所に来たときは、帽子を深くかぶり顔にも不安の色がいっぱいだったが、最近は奉仕活動に参加しながら、徐々に表情が明るくなっている。奉仕命令が終わった後も障害者を助ける仕事を続けたいとの意向を示したりもした」と述べた。

チュ・ジフンは4月に俳優仲間とともに「エクスタシー」と呼ばれる麻薬類を服用した容疑で在宅起訴され、裁判所から懲役6月、執行猶予1年、社会奉仕命令120時間を言い渡されている。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 08月 09日 00:00