[芸能] Rain、「燃えよドラゴン」米リメーク版で主人公に有力視


  


ハリウッドに進出したRainが、伝説のアクションスター、ブルース・リー主演作品のリメイク版で主人公への起用が有力視されている。

映画専門サイトの「ラティーノリビュー」などによると、ハリウッドのメジャースタジオのワーナーブラザーズでブルース・リーのヒット作、「燃えよドラゴン」をリメイクしようとする中でRainが最も有力な候補に挙げられているという。

1973年制作の「燃えよドラゴン」はブルース・リーのハリウッド出世作だ。アジアだけでなく、米国でも大きな人気を誇った。

「燃えよドラゴン」のリメイク作のタイトルは「Awaken the Dragon」だ。 FBI要員が少林寺の修道僧を追いアンダーグラウンドのファイトクラブに入り起きる事件を描いたノワールアクションだ。

FBI要員は既存のハリウッド映画のスタークラスで、ストーリーを主導する少林寺の修道僧役には「ニンジャ・アサシン」のRainが浮上している。 演出は米国の人気テレビシリーズ「ザ・シールド」のプロデューサーで脚本を書いたカート・サッターが務める。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 08月 06日 23:59