[芸能] 映画「G.Iジョー」監督、「一目ぼれでイ・ビョンホンをキャスティング」


   


映画「G.Iジョー」のスティーブン・ソマーズ監督がハリウッドで第一歩を踏み出した俳優イ・ビョンホンを絶賛した。

27日午前、「G.Iジョー」ワールドプロモーションの最初の場所である日本では、午後に入国する主演俳優を除いたイ・ビョンホンとソマーズ監督のインタビューがまず行われた。
日本・シンガポール・香港・台湾などアジアプレスとのインタビュー中、ソマーズ監督はイ・ビョンホンに対する絶賛を惜しまなかった。

ソマーズ監督はイ・ビョンホンのキャスティングに関し「キャスティングの時に渡されたイ・ビョンホンの写真を見て‘これだ’という言葉が出るほど適任者だという印象を受けた」と語った。

さらに「編集室で見たイ・ビョンホンの演技には、撮影現場で気づかなかった細かい部分が多かったので本当に驚いた。 一緒にやりながら、シナリオの解釈能力が優れた深みのある俳優であることが分かった」と話した。

ソマーズ監督は「イ・ビョンホンは真摯な態度と努力がプロフェッショナルだ。私が『G.Iジョー2』の演出を担当しないことになっても、自分の次の作品でぜひ一緒にしたい」とも話した。

映画「G.Iジョー」は8月6日に公開される。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 07月 29日 19:09