[芸能] 「サースト」は新しいヴァンパイア映画…LAタイムズ


   


米国公開を今月末に控えたパク・チャヌク(朴賛郁)監督の「サースト」に対し、米LAタイムズが好意的な評価を出した。

LAタイムズ電子版は26日(現地時間)、「パク・チャヌク監督の『サースト』はヴァンパイアジャンルの典型的な陳腐さがない映画」とし「監督は西洋的ジャンルの外形の中で東洋的なものを見せている」と好評した。

「パク・チャヌク監督はニンニクや杭など従来のヴァンパイア映画の象徴物を排除したほか、 最近ヒットしたヴァンパイア映画『トワイライト』のような美形のスーパーヒーローの血を吸う場面をなくし、その代わりに韓国最高俳優ソン・ガンホを起用して、宗教的・道徳的ディレンマに陥った主人公の苦悩を引き出した」という内容だ。

パク・チャヌク監督が「西洋のヴァンパイア映画はクリシェ(常套句)の蓄積過程だった。今回の映画ではこうしたクリシェを抜くことで独特なものに到達できると考えた」と話した内容も伝えられている。

「サースト」は31日、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコから順に公開される予定だ。 国内では4月30日に公開され、約222万人の観客を動員した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 07月 28日 19:01