[芸能] 映画「海雲台」「国家代表」、英語字幕版を上映へ


  


最新公開作の映画「海雲台」と「国家代表」が英語字幕付きで上映される。

7月22日からマルチプレックスのシナス江南(カンナム)とシナス明洞(ミョンドン)で「海雲台」、8月6日からシナス江南で「国家代表」の英語字幕版を上映する。
韓国映画に関心の多い国内居住外国人からの好評を受け、7月公開作の中からソル・ギョング、ハ・ジウォン主演の「海雲台」が選ばれた。 8月公開作からはハ・ジョンウ主演の「国家代表」が英語字幕で上映される予定だとソウル市関係者は話している。

ソウル市は韓国映画の英語字幕事業を、シナス明洞、シナス江南の2ヶ所で3月から常設で実施している。これまで、「影の殺人」「7級公務員」「金氏漂流記」「母なる証明」「亀が走る」が上映された。

韓国映画の英語字幕事業は現在、在韓外国人と観光客から非常に高い評価を受けている。 映画を観覧した外国人のほとんどが観光映画の英語字幕上映によい評価を下しており、先月まで英語字幕の韓国語映画観覧客のうち外国人観覧客の割合は増えており平均で20%を上回っているとシナス関係者は話している。 ソウル市はこの事業を年末まで実施する計画だ。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 07月 23日 20:35