[芸能] CMギャラが最も高いスターは誰?


   


CM出演料を最も多くもらうスターは誰だろう。

20日、放送されたSBS「ペ・ギワン、チェ・ヨンア、チョ・ヒョンギの良い朝」(以下良い朝)の集計によれば、1編当たりの出演料が最も高いスターは「フィギュアの女王」キム・ヨナと「ワールドスター」Rain(本名チョン・ジフン)であることがわかった。彼らは1編当たりの出演料を10億ウォン(約7500万円)以上受け取っている。

今年制作された広告のうち、芸能界のスター級たちが出演したものは1177編の38%。 スターたちのギャランティが高くはあるが、それだけ広告効果も大きい。商品のイメージと売上上昇に寄与するところが大きい。

2位はコ・ヒョンジョン、イ・ヨンエ、チョン・ジヒョン、キム・テヒ、ソン・ヘギョ、BIGBANG(G−Dragon、テヤン、スンリ、テソン、T.O.P)らが占めた。 彼らトップスターたちは出演料で1編当たり8億〜9億ウォンをもらっている。

コ・ヒョンジョンは現在、視聴率1位ドラマ MBC「善徳(ソンドク)女王」のミシル役で人気独占中だ。 またキム・テヒも話題のドラマ「アイリス」の撮影で忙しい。チョン・ジヒョンは最近、彼女の初海外進出作映画「ラストブラッド」で活躍し、アイドルグループビッグバンも日本で海外活動中だ。

「良い朝」は最近CMの特徴的な傾向で、上半期ドラマヒットで新しい顔が多数登場した点を挙げた。 MBCドラマ「内助の女王」のユン・サンヒョンとKBS2ドラマ「花より男子」のイ・ミンホが代表的だ。 ユン・サンヒョンは「内助の女王」に出演後、CM出演料が3倍以上アップし、3億ウォンをもらっている。イ・ミンホは「花より男子」(花男)以後、契約した広告数が9編で、契約金は「花男」以前よりおよそ20倍もアップした。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 07月 22日 18:50