[芸能] 中国・広東省を熱くした「花より男子」


   


先週末、日本・東京と中国・広州は韓国から来た若いスターたちで沸いた。 アイドルグループの東方神起は東京ドームの舞台に立って5万人の観客を集め、「花より男子」のイ・ミンホ、キム・ジュンは8日からのドラマ放送に先立ち大陸女性の心をつかんだ。 90年代の韓流に続く‘新韓流’旋風の現場へ行った。

「お誕生日おめでとう〜愛するミンホ〜お誕生日おめでとう〜」。 慣れない韓国語で歌う歌が広州の夜を染めた。 少し遅れた誕生日(6月22日)パーティーが開かれ、主人公のイ・ミンホは「謝謝(有難う)」と礼を述べた。
ある中国ファンはドラマOST歌詞を借りて「ほとんど天国(Almost Paradise)」と語った。

話題のドラマ「花より男子」がこのように中国本土に足を踏み入れた。 4日に広州ホリデーインホテルで開かれた「花より男子」放送前のイベント。個人スケジュールのため‘F4’のうちイ・ミンホ、キム・ジュンの”F2’しか出席できなかったが、熱気は相当なものだった。 「花より男子」は8日、香港スターテレビ現地チャンネル「Xingkong」で、広東省で放送される。

◇ ‘F2’が来た、広州が沸く= F2を見ようとこの日午前、空港に大勢のファンが集まった。 イ・ミンホ、キム・ジュンを連呼する声が入国審査場まで響いた。
安全を考慮して俳優が別途の通路から抜け出た後も、500人余りの熱狂ファンは残っていた。 数ヶ月前からこの日を楽しみにしていたある女性は、「重慶から早朝の飛行機で来たのに会えなかった」と悲しそうに話した。

晩に開かれた公式ファンミーティングには、オンライン抽選で当選した約200人が参加した。 香港の会社員ウィペイチさん(28)は「イベント当選者から入場券を550香港ドル(約9万ウォン)で買いに来た」とし、「韓国放映当時からインターネットで見てイ・ミンホのファンになった」と語った。
ファンらは、F4やクム・ジャンディの真似をするゲームなどでスターと一緒に楽しい時間を過ごした。 行事場所の外には入場できなかったファンが集まっていた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 07月 06日 19:58