[芸能] 東方神起、日本進出6ヶ月で25億円のアルバム売上


  


東方神起が、日本進出からわずか6ヶ月で25億円(約330億ウォン)を超えるアルバム販売を記録した。

日本のアルバム集計チャートのオリコンマガジンは6月30日、「2009年上半期セールスランキング」を公式ホームページで発表した。 この資料によると、東方神起は総合8位で、計25億円の売上を記録した。

1位は国民グループのEXILEで54億円、2位は嵐で44億円だった。 SMAPと倖田來未が東方神起に次ぐ9位と10位であることを勘案すると、東方神起の日本での地位と影響力は特A級と分析される。

今回の売上は、今年発表した正規アルバムとDVD収益を合わせたものだ。 現在、日本全国を回っているコンサートの収益と各種CMの収益などを合わせると、上半期の売上はこれをはるかに上回る見込みだ。 7月4・5日に東京ドームで全国ツアー最終公演を行う東方神起のチケット価格は、すでにファンの間で数十万円にまで上がり、爆発的な人気を見せている。

最近、解散説のデマがファンの間で広がったりもしたが、東方神起は6月27日、タイでのアジアコンサートを盛況裏に終えた。 7月と8月にも日本でコンサート活動を続ける。

所属事務所側は、「年末までコンサート日程が詰まっている状況だが、根拠のない解散説にメンバーが当惑していた。 日本で一からスタートして最高級スターに成長した現地化グループだ。今回の日本オリコンチャートの結果には大きな意味がある」と伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 07月 02日 00:08