[芸能] ユン・ゲサン「30歳超えると恋愛も難しい」


  


俳優のユン・ゲサンが「30歳を超えてからは恋愛も容易でない」と打ち明けた。

ソウル・麻浦区西橋洞(マポグ・ソギョドン)に位置したギャラリーカフェで24日に行われた、民放・MBCテレビの水木ドラマ「トリプル」(脚本:イ・ジョンアとオ・スジン、演出:イ・ユンジョン)の記者懇談会に、主演俳優らと出席したユン・ケサンは「劇中ヒョンテのように明るく、楽しく撮影に臨んでいる」と話した。

続いて、「ヒョンテが友達(イ・ジョンジェ)の前妻スイン(イ・ハナ)を愛するようになるが、現実だとどうだろうか」という取材陣の質問に、うつむきながら「僕だったら愛と友情のうち、どちらを選べるものか本当にわからない。ユン・ゲサンだったら旅に出てしまうか、逃げるはずだ」と語った。

また、「30歳を超えた後は恋愛も厳しく感じる」と苦笑いした。 しかしユン・ゲサンは「劇中ヒョンテのスインへの愛ほどなら、愛を選ぶのが可能かもしれない」と話した。 「劇中の女性3人のキャラクターのうち、ハル(ミン・ヒョリン)のようにおいしいご飯を作れて仕事もバリバリこなす女性が好き」というユン・ゲサンは、「本物のヒョンテになるよう努めている」とし、「トリプル」への応援を頼んだ。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 06月 25日 23:45