[芸能] ソン・ヘギョが世界初の‘アジアパンダ親善大使’に


 


トップスターのソン・ヘギョが世界で初めて「アジアパンダ親善大使」(亜洲熊猫愛心大使)に任命された。

ソン・ヘギョは「アジアパンダ親善大使」に任命され、4日、中国四川省成都にあるパンダ基地を訪問した。 その間、パンダに関するさまざまな知識に接し、パンダを抱いてエサを与えたりもした。
また、絶滅危機にあるパンダに関する詳細な情報を聞き、成都基地にいる「リリ」というパンダが韓国で3年過ごしたことも知った。

ソン・ヘギョは「これまで写真や映画、ドキュメンタリーなどでしか見たことのなかったパンダに接するなんて夢のようだ」と語った。 ソン・ヘギョは野外農園に入り、ジャイアントパンダにエサを与えながら一緒に時間を過ごした。 成都パンダ基地の関係者はパンダがソン・ヘギョに懐く姿を不思議そうに眺めていた。

ソン・ヘギョは、「多くの有名人が公益活動に関心を持っているが、どのように始めたらよいのか分からず活動できない場合が多い。 今回よい機会が与えられ、少しでも力になれることをうれしく思う」と話した。 また「韓国にも保護しなければならない動物が多い。特に天然記念物のカワウソに関心がある」とし、動物への関心を表した。

ソン・ヘギョは成都での日程を終えた後、北京に移動した。 6日、北京星尚大典授賞式で成都パンダ基地の副書記からアジアパンダ親善大使資格証書と委嘱牌を受けた。      
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 06月 10日 19:24