[芸能] ユン・テヨン、ひざの負傷で全治8週…「ストライク・ラブ」早期終了へ


  


MBCテレビの週末ドラマ『ストライク・ラブ』(脚本:キム・インスク、演出:ソン・チャンス)が相次いで不運に見舞われた。

主演のオ・ヘソン役を演じるユン・テヨンは先月29日、京畿道・水原(キョンギド・スウォン)の野球場で行われた撮影で、左膝の軟骨が破損する負傷を負った。 痛みに耐えて撮影に臨んだものの、最近の精密検査で全治8週と診断された。 ユン・テヨンは厳しい痛みにもかかわらず、ドラマの撮影をすべて終えた後に手術日程を決めるほど、熱意を見せていた。

しかし『ストライク・ラブ』が、当初予定していた全20話から16話への早期終了が決まり、21日に放送を終えることになった。 制作サイドは海外輸出などのため、予定していた20話まで撮影を終える計画だ。

一方、『ストライク・ラブ』の後枠には、ヒョンビン、キム・ミンジュン、ソ・ドヨン、イ・シオン、ワン・ジヘが共演する『チング』が今月27日から放送される予定だ。 『チング』は、映画『友へ チング』を作ったクァク・キョンテク監督が再び演出を務める作品だ。       
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 06月 06日 00:19