[芸能] ドラマ「トリプル」のミン・ヒョリン、「キム・ヨナがモデルではない」


  


フィギュアスケートを題材にしたMBCテレビのドラマ『トリプル』のヒロイン、ミン・ヒョリンが世界的なフィギュアスターのキム・ヨナと比較される点について慎重な態度を見せた。

ミン・ヒョリンは2日に開かれた『トリプル』の制作発表会で、「同じフィギュアスケートの選手というだけで、キム・ヨナ選手とはまったく違うキャラクターだ」と違いを明確にした。

ミン・ヒョリンは昨年、『トリプル』のフィギュアスケート選手イ・ハル役に選ばれ、キム・ヨナをモデルにした人物を演じると報じられ関心を集めた。 広報のフォーカスもキム・ヨナとの比較に合わせられていた。

しかしミン・ヒョリンは、「ハルはかつて活躍していたフィギュア選手だったが、負傷と母の死によりフィギュアの夢を捨てた。 ライバルだった友だちに会ってからフィギュアに再挑戦する役だ。決してキム・ヨナ選手のような世界最高の選手ではない」と話した。

また、「キム・ヨナ選手が世界選手権で優勝するなど韓国フィギュアスケートのレベルを高めたので、ドラマで演技するのはプレッシャーだ。キム・ヨナ選手の競技やアイスショーを直接見て学ぼうとした。ドラマでかっこいいフィギュアスケートの実力を見せるため努力している」と明らかにした。

『トリプル』はフィギュアスケートを素材にし、広告界を舞台にしたドラマだ。 イ・ジョンジェ、イ・ソンギュン、ユン・ゲサンらが広告会社社員として登場し、創意的な広告マンの姿を見せる。 イ・ハナがフィギュアスケートコーチとして登場し、ミン・ヒョリンの夢を取り戻す手助けをする。 初回放映は来る11日だ。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 06月 03日 22:05