[芸能] イ・スンチョル、故盧前大統領追悼曲で放送カムバック


  


イ・スンチョルの10集収録曲“そんな人ほかにいません”と“爪が抜けて”が同時にヒットしている。

先月6日に発売されたイ・スンチョルの10集の代表曲は、ブリティッシュロックスタイルの“爪が抜けて”。 イ・スンチョル側は代表曲“爪が抜けて”を積極的に広報中だ。 “爪が抜けて”が好評を受けているなか、“そんな人ほかにいません”の人気も急上昇している。

23日の盧武鉉前大統領逝去後、ネットユーザーが制作した追悼動画像の背景音楽として“そんな人ほかにいません”が人気を集め、予想外のヒット曲となった。 “そんな人ほかにいません”は、3月に公開された映画『悲しみより悲しい話』の主題歌で、イ・スンチョルはファンサービスでこの曲を10集に収録した。

イ・スンチョル側は、「盧前大統領追悼ムードの影響で“そんな人ほかにいません”のリクエストが増えている。 BGMチャートなどでも上昇している」とし、「悲しい盧前大統領の逝去と関連した人気なので喜ぶことではない。ただ、故人を追悼して記憶するのに少しでも助けになれば幸い」と伝えた。

10集発表後、全国ツアーコンサートに力を注いできたイ・スンチョルは、6月から地上波音楽番組でアルバム広報を始める。 イ・スンチョル側は、“爪が抜けて”と“そんな人ほかにいません”の2曲を放送カムバック舞台で歌う予定だ。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

 

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 06月 03日 19:20