[芸能] 「善徳女王」第3話で視聴率20%を突破


  

  女優のコ・ヒョンジョンが主演するMBCテレビの月火時代劇『善徳(ソンドク)女王』(脚本:キム・ヨンヒョン&パク・サンヒョン、演出:パク・ホンギュン&キム・クンホン)が、第3話で視聴率20%を突破し、ドラマのトップに君臨する兆しを見せている。

『善徳女王』は去る1日の放送で21.6%(TNSメディアリサーチの調べ)の視聴率を決めた。 5月26日の16.6%に比べ 5%も上昇した。 今年最高の人気ドラマ『花より男子』や『内助の女王』が20%台入りしたスピードより、1ヶ月以上も早い。 第4話で20%台に入った『宮廷女官チャングムの誓い』よりも早い上昇ぶりだ。

『善徳女王』は、ファムファタールの新しい典型を示すコ・ヒョンジョンの好演と、最近の時代劇では見られないスピーディーな展開で、視聴者の視線を釘付けにしている。 新羅(シンラ、B.C.57−A.D.935)時代の王室の妖婦ミシル役を演じるコ・ヒョンジョンは、しなやかかつ戦慄(せんりつ)させる邪悪さを表現、視聴者を魅了している。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com
 

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 06月 02日 22:32