[芸能] ソル・ギョング−ソン・ユナ、厳重警備の中で結婚式


  


俳優ソル・ギョングと女優ソン・ユナが 28日午後5時、ソウル・瑞草区方背洞聖堂で結婚式を挙げた。 

盧武鉉前大統領の死去で全国民が悲しみに沈んだ状況を考慮し、挙式は静かな雰囲気のなかで執り行われた。
別の記者会見やフォトタイムなど一切のイベントもなかった。

結婚式を取材するため、同午後3時ごろから取材陣が殺到し、およそ200人の記者が聖堂へ向かう道路の左右に並んだ。 だが聖堂付近の各所に配置された警護員ら約10人のため、聖堂の入り口に接近することすら許されなかった。

取材陣を含め近所の住民や、芸能人をひと目見ようと集まった中高生など、招待状を持っていない人は「聖堂の入口から100メートル以内には立ち入り禁止」だった。

「家族や親しい知人ら約250人だけを招いて、ミサを通じ挙式を行う」と明らかにしたソル・ギョング&ソン・ユナカップルは、各自の忙しい日程のため、新婚旅行を保留した。 2人は、ソウル・江南区論硯洞に新居を構える。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 05月 29日 18:56