[芸能] 【NOW!ソウル】 ウォンビン、カムバック!


  


去る20日 CGV龍山で、5月28日より韓国で公開される 映画『マザー』(邦題:「母なる証明」/18歳以上観覧可)のプレス試写会が行われました。 舞台挨拶には、ポン・ジュノ監督ほか主演のウォンビン、キム・ヘジャらが参加。   『マザー』は、殺人容疑をかけられた息子のため、ひとり奮闘する母親を描いた作品。『殺人の追憶』や『グエムル』などで知られるポン・ジュノ監督がメガホンをとりました。 現在開催中(5月13〜24日)のカンヌ国際映画祭でも高い評価を受けている、話題作。   一番の注目は、病気による除隊とリハビリのため休養中だった韓流スター・ウォンビン!実に5年ぶりのカムバック作です。 殺人事件にまきこまれる、田舎の青年ドジュン役を演じています。撮影時には、日本各地から集まった日本人ファンが、応援に現場を訪れたそう。   息子を守りぬこうとする母親を演じるのは、実力派女優キム・ヘジャ。映画に出演するのは、本作が10年ぶり。 韓国ドラマ界で長い間定着してきた彼女のイメージ・典型的な‘オモニ(お母さん)’像を破ろうとしたという、迫真の演技が見所です。   『マザー』は、日本でも今秋公開予定。 それまで待てない!という方は、一足先に韓国で楽しんでください。      

 





Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 25日 00:15