[芸能] 「BIGBANGは情熱的」…韓日合作ドラマ「19」記者懇談会


  


BIGBANGのTOPとスンリ、タレントのホ・イジェが出演するドラマ『19』のチャン・ヨンウプロデューサーが、TOPとスンリをペ・ヨンジュンと比較し、注目を集めている。

チャン氏は20日午後、ソウル・三成洞COEXで開かれた『19』現場公開兼記者懇談会で、「こういう話がどのように聞こえるかは分からないが、BIGBANGのTOPとスンリの情熱は、ペ・ヨンジュンのデビュー初期の姿と似ている。ドラマ『ホテリアー』で一緒だったペ・ヨンジュンの草創期の姿を見ているような錯覚を起こすほどだ」と述べた。

チャン氏は、「BIGBANGのメンバーがキャスティングされた当時、賛成しなかった」と明らかにし、「スンリとTOPの2人は厚かましいほどだ。 何度もNGを繰り返しながらも、もう一度すると言って満足するまで演技を続ける。 毎回違うセリフを言いながらも絶対に屈しない姿勢で演技をする。このような‘恥知らず’の姿が不思議で、時々あきれてしまうこともある」と言って笑った。
TOPとスンリは、このドラマのOSTにも参加している。

『19』は、平凡な3人の19歳の男女が 殺人事件に巻き込まれて逃亡するサスペンス。 日本作家の井上由美子氏が脚本を担当、『幸せです』などを演出したチャン・ヨンウ氏が演出した。 韓国ではSBS、日本ではテレビ朝日で放送される予定だ。       
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 21日 18:50