[芸能] イ・ジョンヒョン、「最もイ・ジョンヒョンらしいアルバムです」


  


歌手イ・ジョンヒョンが、ニューアルバム『Avahoilc』について、「これまでリリースしてきたアルバムの中で最もイ・ジョンヒョンらしいアルバム」と評価した。

イ・ジョンヒョンは19日、2年7ヶ月ぶりにミニアルバム『Avahoilc』をリリースして活動を始めた。 このアルバムは、前の所属事務所を離れてイ・ジョンヒョンが直接プロデュースを行ったアルバムで、イ・ジョンヒョンのスタイルがそっくりそのまま形になった。
現地の有名男性モデルとダンサーたちが参加したミュージックビデオは、スチールカット公開と40秒ティーザー動画だけでもすでに熱い話題の中心に立っている。

アルバムには、E−TRIBE、ユン・イルサン、イ・ミンスら名うての作曲家たちが参加、イ・ジョンヒョンは米国現地でミュージックビデオを撮影し、ブリトニー・スピアースの振付師であるブライアン・フリードマンと息の合ったところを見せた。

所属事務所であるエイバエントテインモントは、『Avahoilc』というアルバムタイトルにも感じられるように、イ・ジョンヒョンがもつ多様な姿に中毒されることができるよう、アルバム全体の収録曲がそれぞれ別のイ・ジョンヒョンの魅力を歌っている」と説明した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 20日 23:53