[芸能] キム・ヒチョル、「チョ・ソンモ見てバラード歌手を夢見る」


  


アイドルグループ Super Juniorのメンバー キム・ヒチョルは、先輩歌手のチョ・ソンモの大ファンだ。

キム・ヒチョルは今月3日、チョ・ソンモが民放・SBSテレビの音楽番組『人気歌謡』に出演し歌った際、ピアノを演奏した。 また最近、キム・ヒチョルのミニホームページのバックミュージックにも、チョ・ソンモのアルバムの全曲が載せられているほど、先輩への思いが格別だ。

今月15日、公営・KBSテレビ第2チャンネルの音楽番組『ミュージックバンク』の生放送を控えても、控室のチョ・ソンモを訪ねたキム・ヒチョルは、「先輩を見てバラード歌手を夢見た。先輩の5枚目のCDを10枚以上買った。 聞きすぎてCDを傷付けてしまったほどだった」と話した。

キム・ヒチョルは、03年にSMエンターテイメント側と契約を結び、練習生になった。 キム・ヒチョルは、「僕は当時ロック音楽に魅了されていた。ところが会社から、ロックミュージックには向いてないとし、バラードの歌い方を研究してみるようにと言われた。 当時はチョ・ソンモさんの5枚目のアルバム『佳人』がリリースされた時点だった。当時、代表曲の“ピアノ”を数千回も繰り返して聞き、練習した」とし、「アドリブもすべてまねできる」と話した。

チョ・ソンモの前でも、チョ・ソンモの最近の曲“幸せだった”を繰り返し歌ったキム・ヒチョルは、「最近チョ・ソンモさんとFTIslandのホンギとともにカラオケに行った。 その日、ソンモさんの前でヒット曲を歌ったら、ソンモさんが驚いていた」とし笑った。

チョ・ソンモはキム・ヒチョルの歌について、「音色も似ており、僕の歌い方をまじめに研究し、ほぼ僕と同じだ。 最近歌っている曲のテクニックまで全く同じようにまねしている」とし、「不思議にも血液型まで僕と同じAB型で、知り合ってから間もないのに急激に親しくなった」と語った。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 19日 19:15