[芸能] 「花より男子」の俳優、台湾児童のためのチャリティーイベントに出席


  


‘F4’こと イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュンとク・ヘソンなどドラマ『花より男子』(以下・花男)の出演俳優らが、台湾のファンのために集まる。

これらは、来る5月31日から3泊4日の日程で台湾に滞在し、記者会見とファンミーティングなど『花男』のPR活動に臨む。
『花男』が今月10日から台湾の地上波・CTSで放映されはじめ、17日からケーブルチャンネルのGTVで放送されるため、『花男』の主役たちが台湾のファンと会う席を設けたのだ。

イ・ミンホとク・ヘソンは今回の訪問で、台湾の恵まれない児童を後援する意味深いイベントにも参加する。
来る6月3日、10人のファンを招いて朝食を兼ねたファンミーティングを行い、収益金を、恵まれない児童200人の朝食のための基金に寄付する。 赤十字とGTVが主催する朝食を兼ねたファンミは、参加費が約20万ウォン(約15000円)の高価にもかかわらず、販売開始からおよそ1分で完売した。 ファン10人の中には、香港や中国のファンもいるとされる。

一方、『花男』は去る10日放送の第1話で 1.66%の視聴率を決めた。 同時間帯では第2位の視聴率となり、比較的順調な滑り出しだ。 ケーブルチャンネルが細分化し、視聴率が分散されるのが特徴の台湾で、1.66%は韓国と比較する場合、10%台のレベルといえる。  
  Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 15日 02:20