[芸能] god元メンバーら、キム・テウのニューシングルに参加


  


グループgodが解散から4年ぶりにキム・テウのアルバムに参加し、再結成の可能性に関心が集まっている。

2005年、7枚目のアルバムを最後に事実上解散を宣言したgodのメンバーは、最年少のキム・テウが来る19日にリリースするシングル“記憶と追憶”に、最近電撃的に参加した。 パク・ジュンヒョン、デニー・アン、ソン・ホヨンらがキム・テウとともにレコーディングルームで歌う姿が、14日に“記憶と追憶”のミュージックビデオのティーザー映像を通じて公開され、ファンは「godがついに再結成するのか」と期待感を表している。

これについてキム・テウの所属事務所、ポラリスエンターテインメントは、「今年がgodデビュー10周年だ。軍除隊後にキム・テウが発表する初のシングルでもあり、godの元メンバーが積極的にサポートした。 ユン・ゲサンはMBCのドラマ『トリプル』の撮影の関係で参加できなかったが、godの4人のメンバーが集まった姿はファンにも慰めになるだろう」と話す。 しかし再結成については、「記念コンサートやプロジェクトアルバムの話が出ているが、決定したものはなにもない」としている。

キム・テウは19日のシングルリリースとともに、来る26日から31日まで、ソウル・忠武アートホールでソロコンサートを開催し、godメンバーらはゲストとして出演する予定だ。     Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 14日 20:45