[芸能] ク・ヘソンの監督デビュー作、富川国際映画祭へ


  


女優ク・ヘソンの監督デビュー作『愉快なコンパニオン』が、第13回‘富川国際ファンタスティック映画祭’韓国短編部門の当選作に選ばれた。

『愉快なコンパニオン』は、救援を求めて聖堂を訪れた一人の男の一週間を描いた映画。
演出だけでなく脚本や編集、作曲までをク・ヘソンが自ら行い、話題にもなった。
今年 512編の作品が寄せられ、歴代最大の競争率を見せた富川国際映画祭は、来る7月16日〜26日、京畿道・富川市内で開かれる。
 
【5月12日放送分WIDE ENTERTAINMANT NEWSより】

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 14日 00:50