[芸能] 東方神起、日本デビュー4年目でプラチナ達成


 


東方神起の日本での4枚目のアルバムが、日本レコード協会によりプラチナアルバムに認定された。 レコード協会は日本国内で発売された作品について、販売100万枚以上をミリオン、25万枚以上をプラチナ、10万枚以上をゴールドとして毎月発表している。

レコード協会が11日に発表したところによると、東方神起の4枚目のアルバム『ザ・シークレット・コード』(3月25日発売)は、日本の人気グループのEXILEのアルバムとともにプラチナアルバムに認定された。 去る4月15日発売のシングル『シェア・ザ・ワールド』もゴールドシングルに認定され、日本国内での人気を証明した。
東方神起は現在、日本で4回目となるライブツアー‘2009−ザ・シークレット・コード’を行っている。 チケットはすでに売り切れている。 メンバーのジュンスは足首の負傷にもかかわらず、去る9〜10日にさいたまスーパーアリーナでの公演に車いすで現れ、喝采を浴びた。 来る7月5日の東京ドーム公演を最後に、8大都市19回公演を終える。

東方神起は日本での人気を基に、今月7日に韓国に戻り、ソウル・徳寿宮(トクスグン)で韓国観光広報CMの撮影に臨んだ。 5月末から日本全域で放映されるCMには、これまでペ・ヨンジュン、イ・ヨンエ、チェ・ジウ、Rainなどが出演している。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 13日 00:47