[芸能] 電撃結婚発表したソル・ギョング−ソン・ユナがデートした場所は?


  


去る8日、電撃的に結婚発表をしたソル・ギョング(41)とソン・ユナ(36)カップルのデートについて、続々と公開されている。

2006年に離婚したソル・ギョングと未婚女優の交際であるだけに、2人はどのカップルより周囲の視線を意識しなければならなかった。 ほかの人のように公開デートも楽しむことができなかった。

背景は、8日「両家の反対がなかったのか」という質問に、「どうしてないことがあるか。 ユナさんは私にとって考えすらできなかった存在だ。 これから借金を返す気持ちで頑張って暮らしていきたい」と述べた。 短いが、これまでの気苦労が込められた言葉だった。
ソン・ユナも、「お祝いの電話があまりにも多く、動転している。 簡単な決断ではなかったし、結婚を承諾してくれた両家の親に感謝している」と感想を伝えた。

2人は主に、ソル・ギョングの家とソン・ユナの所属事務所の事務室でデートをしていた。 実はこの2つは同じ建物の上下階に位置している。
ソン・ユナと10余年 苦楽を共にしたスターアートのファン・ギョンス代表が、ソル・ギョングの所属事務所S2007エンターテイメントを物心両面から助けたことも、2人の俳優が自然に出会えた橋渡しの役割をした。S2007には、ソル・ギョングのほかにイ・スギョンが属している。

ファン・ギョンス代表とソル・ギョングは昨年、広津区・紫陽洞(チャヤンドン)の住商複合建物に揃って入居した。 ソル・ギョングは当時、独身生活をしていた江南区・論硯洞(ノンヒョンドン)のビラを引き払ってここに引っ越し、ファン代表は企画事務所と住居を兼ねていた。
ソン・ユナの立場では、自分の所属事務所の事務室に立ち寄る度に、自然にソル・ギョングと会うことができたわけだ。 外部の出入りが厳格に制限される住商複合建物だったおかげで、密かにデートができた。

しかし今年の春から、入居者たちの間では「2人がすぐにも結婚するようだ」とうわさが広がり始めた。 2002年『ジェイル・ブレーカー』で共演したソル・ギョングとソン・ユナは、2006年恋愛映画『愛を逃す』で再会、翌年秋から恋人の関係になった。

 
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 12日 02:13