[芸能] アジアでの「花より男子」放送、2ヶ月操り上げ


  


イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュンの‘F4’が、予定よりも早くアジアファンの前に登場する。

『花より男子』が10日から台湾の地上波CTSで放送され、来る15日からシンガポール・マレーシアなど東南アジア国家のテレビ劇場にも進出する。
当初は7月以降に放送される予定だったが、日本・タイなどで行われた『花より男子』プロモーションの反響が大きく、2ヶ月以上も早まった。
タイでも9月に編成されていたが、7月に繰り上げられた。 最近のイ・ミンホの訪問で、タイファンの反応が想像以上に良かったためだ。

台湾は、ドラマ版『花より男子』(流星花園)を先に制作した国という点で、韓国版『花より男子』の放送に関心が集まっている。 台湾のF4は、当時のドラマでアジアのスターに成長した。台湾のファンは自国のF4と韓国のF4を比較しながら放送を待っている。

『花より男子』の制作会社グループエイト側は、「台湾やシンガポールからもF4の訪問要請があるが、時間が十分でない。 現在、再編集作業やCG、挿入曲などを修正しながら完成度を高めることに力を注いでいる」とし、「予定よりも放送が早まり作業を急いでいる」と伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 11日 19:40