[芸能] イ・スンチョル、10集「ミュートピア」でカムバック


  


デビュー24年目を迎えた歌手イ・スンチョルが去る6日、10集『ミュートピア(Mutopia)』を発売した。

ミュートピアとは、‘Music’と‘Utopia’の合成語で、イ・スンチョルの音楽的な理想郷を意味する。 過去24年間の音楽旅程でイ・スンチョルが感じてきた音楽の理想郷を、今回のアルバムで表現した。

最近バラードタイトル曲を選択していたイ・スンチョルは、10集ではブリティッシュロックスタイルの“爪が抜けて”を代表曲にした。
イ・スンチョルの所属事務所側は、「30都市の全国ツアー日程の中でアルバム作業を続けてきた」とし、「不況の中で4万枚近い初回の注文が入り、イ・スンチョルのアルバムに対する期待感を確認できた」と説明した。

10集の代表曲“爪が抜けて”のミュージックビデオは、7日に公開された。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 05月 08日 19:59