[芸能] 少女時代、ホラームービーで「ホラークィーン」挑戦状


  


少女時代がホラー映画に挑戦状を投げつけた。

少女時代がホラームービーの主人公をめぐって競う過程がバラエティ番組になる。 MBC『日曜日、日曜日の夜に』に出演する少女時代は、新コーナー『ホラームービー制作所』を通じて、ホラークィーンをめぐり競いあう。
  『ホラームービー制作所』は、キャスティングから演技のトレーニングなど、ホラームービー制作過程をリアリティー形式で見せる番組だ。 少女時代のメンバーたちはホラームービーの主人公になるため、多様なミッションを遂行する。 最終選抜されたメンバーがホラームービーの主人公となるが、残りのメンバーたちも助演として出演する。

『ホラームービー制作所』のキム・ヨンジンプロデューサーは、「3ヶ月間、30分分量のホラームービーを撮る計画だ。 この過程がコーナーで紹介される。少女時代は、後にこの映画の主演、助演として出演する」と明らかにした。

また、「映画は夏の封切りを目標としている。 脚本作業を経た後、本当の映画監督も渉外する計画だ。 このプロジェクトが成功した場合、少女時代が登場する恋愛ものの映画の制作や雑誌エディタの挑戦など、多様な分野も扱うことができる」と付け加えた。

キムプロデューサーは、少女時代を出演させる理由について「これまでのアイドルスターと違い、トークショー、バラエティーなど放送に適応する能力にすぐれているから」とし、「また演技力もある程度もっている」と説明した。       
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 25日 00:19