[芸能] ドラマ「自鳴鼓」、撮影セットで小道具爆発による火災発生


  

  SBSテレビのドラマ『自鳴鼓』の撮影セットで、小道具が爆発する事故による火災が発生した。

出演俳優のソン・ヒョナやキム・ガヨンらは、避難する途中で韓服衣装のすそが焼ける比較的軽い被害を受けたが、制作スタッフが手にやけどを負い近くの病院で手当てを受けている。

去る21日午後8時20分ごろ、京畿道・炭県面(タンヒョンミョン)の一山制作センターAスタジオで、たいまつの火を作る装置が、地面に置いてあったガソリン缶に落ち轟音とともに爆発が起きた。
スタッフらがスタジオ内にあった消火器ですぐに消し止めたが、木や藁で作られたセットに燃え広がった場合には大きな事故につながる ひやりとする場面もあり、制作陣は胸をなで下ろしている。       
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 22日 22:05