[芸能] ドラマ「花より男子」主演俳優、プロモーションのため東京訪問


  

‘F4’のキム・ヒョンジュンが優れた日本語の実力を発揮した。   KBSドラマ『花より男子』の日本プロモーションのため、去る15日、‘F4’のメンバーとク・ヘソンが東京を訪問した。 中でもキム・ヒョンジュンは、過去2年間グループSS501として日本で活躍し、日本語も話せるため、大勢のファンの注目を集めた。

F4は 去る15日午後4時、日本・赤坂にあるTBSを訪問し、トークショー『サカスさん』の生放送に出演した。 「日本で真っ先に行きたいところはどこか」という司会者の質問に、イ・ミンホとキム・ボムは「原宿」、キム・ジュンは「六本木」、ク・ヘソンは「上野公園」と答え、キム・ヒョンジュンは「牛丼が好きだからおいしい牛丼の店に行きたい」と流暢に日本語で答えた。

生放送は、キム・ヒョンジュンにドラマに関する質問を2つ尋ね、約2分で終わった。 しかし300人以上のファンがF4を見ようとスタジオを訪れ、メンバーはその場で短いファンミーティングを行った。
この席で、イ・ミンホは「日本に思い出があるか」という質問を受け、「2年前に友達と遊びにきた時、タクシー料金が高いことを知らず空港から渋谷までタクシーに乗ってきたが、その金額が今でも忘れられない」と話し、笑いを誘った。
空港から渋谷までの料金は韓日往復航空料金とあまり変わらない。 ク・ヘソンは、「F4の中で気に入っている人は?」という質問を受け、「イ・ミンホとキム・ヒョンジュン」と答えた。

5人はこの日晩、フジテレビの芸能番組『SMAP×SMAP』の録画を行い、16日午後2時と7時に東京JBCホールで公式記者会見およびファンミーティングを行った後、来る20日ごろ帰国する。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 17日 00:21