[芸能] ウォンビン、アフリカでボランティア活動…9年ぶりテレビに登場


  


俳優ウォンビンが9年ぶりにブラウン管に姿を現す。   MBC国際時事番組『W』は24日、4周年特集でウォンビンのアフリカ・ガンビア救護活動現場を放送する。 ウォンビンは、00年のKBSミニシリーズ『秋の童話』以来、初めてテレビに出演する。

ウォンビンはユニセフ特別代表の資格で、4日〜13日、ガンビア救護現場を訪問した。 ウォンビンは、ガンビアの首都バンジュルのスラム街の学校や飲料水事業現場などを訪問し、医療支援ボランティア活動も行った。 現地の小学校では、児童とも温かく交流した。
ウォンビンのアジアファンクラブ『ビーナス』は、ウォンビンのボランティア活動のために募金し、ガンビアのバセ地域の小学校に机・椅子および教材支援費用として寄付した。

『W』は、ウォンビンとガンビアの児童の出会いを通じて、劣悪な状況で希望を見いだし変化していく姿を紹介する予定だ。
ウォンビンは、07年からユニセフ韓国委員会特別代表として活動してきた。 慈善行事への参加、基金募金キャンペーンなどさまざまな活動でユニセフ事業を支援している。       
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 16日 19:10