[芸能] 「撮影復帰できず」キム・ソクフン、交通事故で入院


  


俳優のキム・ソクフンが交通事故に遭い、病院に入院した。

キム・ソクフンは去る11日午後11時30分、地方で行われた公営・KBS 2TVの時代劇『千秋太后』の撮影を終えて、ソウルへ向かう途中、炭川(タンチョン)付近で事故に遭った。
キム・ソクフンは当時 後ろの座席に座っていたが、運転中のマネジャーが車線を変更する途中、前の車に追突、車の3分の2が破損する事故に遭ったという。 キム・ソクフンは事故の直後、救急車で付近の病院に運ばれた後、12日未明、ソウルの病院に移送され、治療を受けている。

所属事務所側は12日、「首と腰の部分に異常があり、病院から精密検査を勧められている。 結果は13日ごろわかる」と伝えた。 続けて「意識ははっきりしているが、安静状態が必要だと言われている」とし、「ドラマの撮影が14日だが、現在としては復帰が難しいようだ」と付け加えた。

一方、キム・ソクフンは12日、自身の誕生日(15日)に先立ち、ソウルでファンミーティングを開く予定だったが、今回の事故で取消となった。       Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 13日 20:22