[芸能] 期待作「コウモリ」「マザー」、ファッション誌で競争






今年上半期の最高期待作として関心を集めているパク・チャヌク監督の『コウモリ』とボン・ジュノ監督の『マザー』が、ファッション誌によるマーケティングで注目を集めている。

映画関連メディアとのインタビューを通して広報・マーケティングを始めるのが慣例だが、両作品はともにファッション誌の写真撮影でもう少し幅広い大衆に近づこうと努力している。

『コウモリ』の主人公ソン・ガンホとキム・オクビンは去る7日、ソウル・江南のあるスタジオで ファッション紙『ヴォーグ』の写真を撮影した。 映画公開日の30日頃に出る5月号の特集のためだった。
キム・オクビンは、スモーキーなメーキャップで破格的な姿を演出した。 ソン・ガンホは、久しぶりとなるファッション誌の写真撮影にもかかわらず、経験を生かして映画の雰囲気を十分に伝えた。 2人は去る8日、『コスモポリタン』誌の撮影にも参加した。

『マザー』の主人公ウォンビンは、フランスへ行った。 ウォンビンは現在、ユニセフ特別代表としてアフリカ・ガンビアで児童救護活動を行っているが、これに先立ちフランス・パリへ行き、ファッション誌『バザー』の写真を撮影した。
これも、5月公開予定の映画のスケジュールに合わせて、6月号の特集として準備した。 映画の中では無邪気な田舎の青年の姿だが、ファッション誌の写真では反抗的なイメージを演出したという。     Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 11日 00:26