[芸能] オ・ジホ、「内助の女王」人気で広告界からラブコール


  


オ・ジホ(33)が、MBCドラマ『内助の女王』の人気を受け、広告界から熱いラブコールを受けている。

オ・ジホは現在、酒類ブランド、プレミアム韓牛ブランド、衣類、チキン会社の4つの広告契約条件を調整中だ。 07年に元彼女が自殺するなど良くない事件が起きた後、映像物の広告から退いてたオ・ジホは、『内助の女王』の人気で2年ぶりに広告界から注目を受けている。

その間、『シングルパパは熱愛中』などのドラマに出演したが、CMモデルの話も受けなかった。 『内助の女王』では、ソウル大出身でありながらも無職のコミカルなキャラクターで好評を受け、広告界も動き出した。

オ・ジホの所属事務所のキム・ヨハン代表は「広告業界は保守的なので、(CMモデルの私的な問題で)危険要素を抱えることを避けようとする。 商品販売と関連した良いイメージを長いあいだ築いてきてこそ広告でも活動できるということを、2年前の事件で実感した。その間、一部の紙面広告に出演したが、テレビCMモデルの話は2年ぶりとなる」と説明した。     Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 10日 01:42