[芸能] 「影の殺人」、公開第1週で55万動員し1位に


  


探偵推理劇の『影の殺人』(CJエンターテインメント、パク・デミン監督)が、公開第1週のボックスオフィス1位を占め韓国映画の自尊心を守った。

CJエンターテインメントが去る6日に明らかにしたところによると、『影の殺人』は公開初日の2日から5日まで、全国で55万4000人(386スクリーン)を動員し、今年公開した韓国映画としては公開第1週の最高スコアを記録した。

錚々たるハリウッド映画とアカデミー賞受賞作も押しのけた。 『ワイルドスピードX4』、『ブライド・ウォーズ』など 同じ日に封切られた洋画や、先週1位となったアカデミー賞受賞作の『スラムドック$ミリオネア』に圧倒的に差をつけた。

『影の殺人』は、朝鮮時代の迷宮入りした殺人事件が残された5つの端緒を基に、私設探偵のホン・ジンホと熱血医学徒のクァンス、女流発明家のスンドクが事件の秘密と陰謀を解き明かしていく。 ファン・ジョンミン、リュ・ドクファ、オム・ジウォンらが出演する。     Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 08日 01:05