[芸能] シン・ソンウ、ジーパン事業家に変身


 


シン・ソンウが、Gマーケットを通じて 3日‘シン・ソンウジーンズ’をローンチした。

シン・ソンウは「普段から高いジーパン価格に不満が多かった。 最も身近な衣類アイテムがジーパンなのに、いつからか数十万ウォン(数万円)のジーパンが主流となったかのように流行って残念だった」と話した。
「高価の外国製ジーパンを買おうと、バイトを転々として犯罪の誘惑に負ける10代もいると聞いた」とし、中低価ジーパン事業に跳びこんだ背景を説明した。

流通マージンを減らすために、オンラインショッピングモールと提携したシン・ソンウは 「ここで売れるジーパンの平均単価は3〜4万ウォン、Tシャツも1〜2万ウォンとバブルを消した」と付け加えた。

シン・ソンウは先月、自分がローンチするTシャツとジーパン20着を着用し、日本の福岡で3泊4日間の写真集撮影に臨んだ。
彼は、「安くて質のよいジーパンを作る後輩の同業提案があり、気軽に応じた」と述べた。

シン・ソンウは、5月に開幕するミュージカル『三銃士』にキャスティングされ、現在、稽古中だ。    
  Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 06日 23:33