[芸能] ユ・ジテの「招待」、SSFFコンペ部門に招待


  


俳優のユ・ジテが、短編映画祭に俳優ではなく監督として参加した。

ユ・ジテ監督の4作目となる短編映画『招待』が、日本で開幕する第6回‘ショートショートフィルムフェスティバル(SSFF)’の短編映画コンペティション部門に選ばれたのだ。
SSFFは来る6月9日から14日まで、東京で開幕するアジア最大規模の短編映画祭だ。

『招待』は、現代の人々の疎通と断絶を独特の方式で描いた作品。映画のラストシーンを除いては、すべて写真で撮影する方式を取っている。
クリス・マルケル仏監督の映画『ラ・ジュテ(LA Jetee)』のオマージュ(映画に対する敬意)として制作された同作品で、ユ・ジテは脚本・演出・主演の1人3役をこなしている。 女優のオム・ジウォンも出演した。

『招待』は 5日、ソウル鍾路(チョンロ)で開かれるユ・ジテのファンミーティングで、初めて韓国国内のファンに公開される予定だ。     Copyrights(C) Joins.com, Inc.

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 04日 00:51