[芸能] ク・ヘソン、「花男とともに過ごした時間、幸せだった」


 

  ドラマ『花より男子』(花男)で主演した俳優たちが、放送を終えた後、さみしい気持ちを伝えた。

去る1日、ソウル・江南区論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアルパレスホテルで行われた『花男』の打ち上げパーティーで、主演俳優たちが4ヶ月間にわたる撮影を終えた後のさみしい気持ちを語った。

 ヒロインのクム・ジャンディ役を演じたク・ヘソンは、「私にとって『花男』は本当に幸せな時間だった。夜通しの撮影が続き、監督が求めたものを完璧に消化、表現できなかったようで気になるものの、一緒に頑張ってくれたスタッフに心から感謝している」と所感を語った。

ユン・ジフ役を演じたキム・ヒョンジュンは、「歌手から俳優業に挑戦した初めての作品だったが、ドラマが成功し、とてもうれしく思う。 チョン・ギサンプロデューサーをはじめすべてのスタッフがとても苦労した。これまでユン・ジフとして生きてきたが、ようやくキム・ヒョンジュンに戻ったような気がする。 いつ、どこでも熱心に最善を尽くすキム・ヒョンジュンになりたい」と話した。

プレイボーイのソ・イジョン役を演じたキム・ボムは、「良い人々に出会うことができ、幸せな数ヶ月を過ごした」とし、ソン・ウビン役を演じたキム・ジュンは、「俳優として初めての作品だったが、良いドラマに加わることができた。すべての方々に感謝の言葉を伝えたい。皆さんとともにした時間があまりにも幸せだった」と話した。

この日、出演者たちはあらかじめ準備したメーキングフィルムを通じ、それぞれ『花男』を終える感想を伝えた。 メーキングフィルムでは、‘撮影現場を見せてくれる未公開の映像’、‘劇中ク・ジュンピョが海辺でクム・ジャンディにプロポーズするシーンを撮影する当時のエピソード’などが公開された。

この日、CM撮影のため約1時間を遅刻してきたイ・ミンホは、「4〜5ヶ月間にわたって撮影に臨んだが、ほぼ毎日ともにしたスタッフととても親しくなった。こうやって放送を終えるのはとても残念でさみしい。俳優としてまだまだ不十分なのに、このドラマで身に余るほどの声援をいただき、幸せだった。俳優として一生忘れられない作品になると思う」と語った。  
  Copyrights(C) Joins.com, Inc.

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 03日 01:50