[芸能] ウォンビン、ユニセフ特別代表としてアフリカへ


  

  ユニセフ(国連児童基金)特別代表として活動中の俳優、ウォンビンがアフリカでボランティア活動を行うことになった。 

ユニセフ韓国委員会は1日「ウォンビンが4日から13日まで、ユニセフが救護活動を展開しているアフリカ・ガンビアの現場を訪問し、ボランティア活動に合流する」と伝えた。 

ウォンビンは07年からユニセフ韓国委員会の特別代表として活動し、これまで児童への支援に向けたチャリティーイベント、基金募金キャンペーンなどに参加してきた。
今回、ウォンビンは、ガンビアでも最も奥地とされる地域を訪問し、‘マラリアを防ぐための蚊帳の設置’、‘ビタミンAの供給’、‘ポンプの設置’などの作業に加わる。 

ウォンビンは、「ユニセフの事業現場を初めて訪問することになり、少し緊張し、責任感を感じている。ユニセフ特別代表としてできることが、少しでも子どもたちのためになり、多くの人々の心を動かすきっかけになれば、と思っている」と語った。 

ウォンビンのガンビア訪問は24日、民放・MBCテレビ(文化放送)の時事番組「W」を通じ放送される予定だ。        Copyrights(C) Joins.com, Inc.

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 04月 02日 21:49