[芸能] 女性BIGBANG、公式名称を‘21’に決定


  


‘女性BIGBANG’としてデビュー前からネチズンたちの間で話題を集めているYGエンターテイメントの4人組新人女性グループの公式名称が、‘21’に決定された。   ‘21’は、YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表がつけた名前で、英語の発音をそのまま‘トゥエンティーワン’呼ぶのだが、いつも21才の年のように挑戦的で新鮮な音楽を届けるグループという意味と共に、誰にも負けないブラックジャックのナンバーという意味も含んでいる。   ‘21’は、フィリピンのBoAとして有名になり KBS 『人間劇場』にも紹介されたサンドラ・パクと、イ・ヒョリと共に有名CFに主演で出演したパク・ボム、韓国舞踊家コン・オクジン女史の孫娘コン・ミンジ、チームのリーダーであり優れた実力の持ち主として知らされたCLの4人で構成されており、BIGBANGに続くYGエンターテイメントの顔として、デビュー前から大いなる関心を受けてきている。
‘21’は、デビュー前からBIGBANGと共に携帯電話CFに出演した。 BIGBANGと共に歌った“Lollipop”は、27日から各種オンライン音楽サイトを通じて公開される。   ‘21’は、約一月間 TV広告と“Lollipop”で名前を知らせた後、来る5月初めに公式デビューの舞台を持つ予定だ。 YGエンターテイメントの関係者は、「‘21’のメンバーたちの実力があまりにも優れているうえに、準備期間が長かったので、良い曲をたくさん保有している。年末まで休まず攻撃的に活動していくつもり」と明らかにした。      

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 03月 28日 03:11