[芸能] キム・レウォン&チェ・ソンヒョン、「熱愛説は事実無根」

 


キム・レウォンとチェ・ソンヒョンが熱愛説に包まれた中で、所属事務所側は「事実無根」と一蹴した。   11日、二人の熱愛説を最初に報道した芸能媒体によると、キム・レウォンとチェ・ソンヒョンは映画『仁寺洞スキャンダル』での共演を契機に、同僚以上の関係に発展したと伝えられた。 チェ・ソンヒョンがキム・レウォンの所属するブレスエンターテイメントと専属契約を結んだことや、二人とも篤実なカトリック教信者である点などを理由に、熱愛説に重みをおいた。   ブレスエンターテイメントの関係者は、「二人が親しい仲であることは正しいが、熱愛中ではない。所属事務所の同僚の一人であるだけ」と否認した。 続けて、「二人とも家が漢南洞で、聖堂も同じ所に通っている。またマネジャーたちも同行して行く。 一緒にいる事が多いため熱愛中であると誤解を受けたようだ」と説明した。      

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 03月 11日 23:31