[芸能] ダビチが 少女時代“Gee”を追い破りチャート1位に浮上


 


8週連続で1位を占めて今年上半期最高のヒット曲となった少女時代の“Gee”が、9週連続の1位獲得に失敗した。   少女時代の1位を阻止した曲は、ダビチの新曲“8282”。 ダビチのミニアルバムのタイトル曲“8282”は、ミュージックポータルサイト エムネット(

www.mnet.com

)の3月第2週チャートで 先週より50位もアップして、発表から2週で全体チャートとダウンロードランキングで1位に上がった。
特に、1位になった“8282”の他にも、同ミニアルバムの収録曲“やらかしました”は、先週より93位もアップした、全体の6位、ダウンロードの2位に上がったし、“My Man”と“愛が可笑しいの”、“オルゴール”もチャート内にランクインするなど、アルバム収録曲が人気を得ている。   反面、少女時代の“Gee”は、先週より1ランク落ちた全体2位、ダウンロード12位に終わった。 だが、少女時代ソヒョンがチュ・ヒョンミとデュエットした“チャラジャチャン”は、2ランクアップした19位に上がって、対照を成した。   一方、OSTランキングでは、『花より男子』の強勢が続いている。 『花より男子』OST収録曲である、SS501の“僕の頭が悪くて”、Somedayの“知っていますか”、T-MAXの“パラダイス”が、それぞれ 1、4、5位を占めた。 この他に、映画『悲しみよりも悲しい話』の主題歌であるイ・スンチョルの“そんな人他にいません”が2位に、ナム・ギュリの“見たい顔”は3位を記録した。      

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 03月 10日 22:07