[芸能] チョン・ウソン、映画製作会社と契約




映画俳優チョン・ウソンが、16年間所属した所属事務所サイダスiHQを出て、映画製作会社のトラスフィルムとマネージメント契約を結んだ。   芸能専門マネージメントではない、映画製作会社へ所属事務所を移すのは異例の事態。 1994年映画『九尾狐』と、ドラマ『アスファルト上の男』でデビューしたチョン・ウソンは、昔から願っていた演出の道を進むために、所属事務所を映画製作会社に決めたと伝えた。   チョン・ウソンはこれからトラスフィルムで映画・ドラマなどへの出演はもちろん、企画にも参加する。   チョン・ウソンはキム・ジウン監督の短編映画『プレゼント』でキム・アジュンとスパイ役で出演する。また、現在、国内外の映画シナリオを検討中のチョン・ウソンは予想よりも早くテレビドラマを通じて挨拶できる予定だと話した。  

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 03月 04日 22:51