[芸能] 元Sugerのパク・スジン、キム・ボムの初恋相手で「花男」登場


 


グループ Suger出身の女優パク・スジンが、キム・ボムの初恋の相手として帰ってくる。   パク・スジンは、最近人気を集めているKBS 2TV月火ドラマ『花より男子』で、キム・ボム演じるソ・イジョンの初恋の相手‘チャ・ウンチェ’役として、来月2日から総3回にわたって出演する。 パク・スジンが演じるチャ・ウンチェは、ソ・イジョンの幼なじみであり初恋の相手で、後日イジョンの兄ソ・イルヒョンの恋人として イジョンと再会する。 また、家門を捨てて平凡なバリスタとして生きていくソ・イルヒョン役には、イム・ジュファンがキャスティングされた。   イルヒョンは、早くからイジョンの才能を見出し一族に背を向けて去る人物で、イム・ジュファンは、制作会社のソン・ビョンジュン代表からの特別出演オファーを受けた。 制作会社グループエイトは、「チャ・ウンチェの登場で、F4最高のプレイボーイであるイジョンの女性遍歴の理由が明らかになる。 また、イジョンの隠された純情派的な面も現れるだろう」と説明した。これと共に、イジョンとラブラインを構築するカウル(キム・ソウン)との関係も進展に繋がるだろうと付け加えた。   去る2007年のMBCドラマネット『ワインを開ける悪魔さん』以後、2年ぶりにブラウン管に姿を現すパク・スジンは、制作会社を通じて「初恋と言えば思い浮かぶ 淡くて幸せな感じを伝えるウンチェになるべく努力する」という抱負を伝えた。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 25日 22:59