[芸能] カン・ジファン、3月14日に誕生日パーティー&日本で映画公開


 


カン・ジファンが、ホワイトデーの3月14日を自身の日にする覚悟だ。 同日、韓国ではグローバル誕生日パーティー、日本では『映画は映画だ』の封切りを迎える。   カン・ジファンの所属事務所チャムボエンターテイメントは、「3月14日、ソウル・広津区子供大公園ドームアートホールにファンたちを招いて、特別な誕生日を過ごす予定」としながら、「韓国ファンはもちろん、日本や台湾、香港などから参加する1500人余りのファンたちと共にする」と、24日明らかにした。   カン・ジファンは、多様なイベントを準備し自らアイディアを提案すると同時に、ファンたちに歌をプレゼントするために苛酷な(?) トレーニングを受けて、歌唱力を磨きあげているという。 特に この日、韓国で封切りを控えた新作映画『7級公務員』の編集映像が公開されて、去る2ヶ月間の日本での日程を収めた『東京青年、カン・ジファン』の映像も初披露する予定だ。   同日日本では、昨年韓国で公開されて興行成績をおさめた『映画は映画だ』が封切りを迎える。 カン・ジファンは先月、映画のプロモーションのために日本を訪問した。既に様々なドラマを通して‘新・韓流スター’に浮上したカン・ジファンに対して、日本での関心も高いものだった。   一方、カン・ジファンは最近、イ・ジャンス監督の日韓合作ドラマ『テレシネマ−私の愛愚か者/顔心愛の関係(仮題)』で、イ・ジアと呼吸を合わせる。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 24日 23:53