[芸能] ファヨビ、ビョル、WAX… バラード歌手に注目


 

バラードの女王たちが、歌謡界を溶かしている。その主人公は、歌手ファヨビ、ビョル、そしてWAXだ。   まず ファヨビは、最近6.5集ミニアルバム『This is Love』を発表して、本業の歌手に復帰した。 ファヨビは、MBC『私たち結婚しました』で見せた4次元的な姿を捨てて、甘美な声でファンたちのもとを訪れる。 特にファヨビは、既存のR&Bバラード曲で見せてきた深い音色に、強いビートと早いリズムを加えたタイトル曲“半分”を通して人気を集めており、『私たち結婚しました』やバラエティでのイメージを忘れさせている。   また、昨年から5集プロジェクトアルバムシリーズの『Like a star』を発表してきた歌手ビョルも、シリーズの最後のアルバムになる『Primary』を発表して、5集の締めの活動に乗り出した。 ビョルは、タイトル曲“ドラマを見ると”で、ドラマでの決まりきったストーリー展開について、私には絶対に起きないことだという切ない思いを歌っている。   一方、デジタルシングルで1年ぶりにカムバックした歌手WAXも、良い反応を得ている。 WAXは、彼女特有の感性的で切ない声に直接的な歌詞を入れた“一度の電話もできないの”を通じて、速い速度で歌謡チャートの上位圏に進入している。 ‘ガールグループ’と‘ダンス曲’が歌謡チャートを占領した去年の冬を後にして、この三人のバラード女王たちが、歌謡界に‘新しい春’を届けるのか、注目される。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 24日 20:26