[芸能] カン・ジファン、日韓合作ドラマでイ・ジアの相手役にキャスティング


 


昨年一年間 映画俳優として活動したカン・ジファンが、日韓特別企画ドラマ『私の愛愚か者/顔心愛の関係(仮題)』にキャスティングされて再びブラウン管に戻る。   カン・ジファンは『私の愛愚か者/顔心 愛の関係(仮題)』で、女性を外見だけで判断していたが、事故の衝撃で醜女が美女に見えて美女が醜女に見える錯覚症状に苦しめられる建築家‘カン・テプン’役を担った。 本作の演出は、『天国の階段』、『ラブストーリーインハーバード』を演出したイ・ジャンス監督がつとめる。またカン・ジファンの相手役にはイ・ジアがキャスティングされて、カン・ジファンと呼吸を合わせる予定だ。   一方、日韓特別企画ドラマシリーズの『テレシネマ』は、イ・ジャンス、ピョ・ミンス、ファン・イルレ、チャン・ヨンウ、イ・ヒョンミン、キム・ユンチョル、チ・ヨンスなど韓国の有名監督と日本の代表作家7人が手を組んで作るプロジェクトで、韓国のSBS及び日本のテレビ朝日での同時放映を目標に、120分のTV用映画9〜10編が事前制作される。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 19日 18:59