[芸能] 「いかさま師〜タチャ」のチャン・ヒョク、映画でソン・ユリと共演へ


 

  チャン・ヒョクがソン・ユリの映画デビューに力を添える。チャン・ヒョクの所属事務所sidus HQは 18日、チャン・ヒョクが映画『ウサギとリザード(課題)』に、ソン・ユリと共に主人公で出演すると明らかにした。   『ウサギとリザード』は、幼い頃米国に養子縁組され 23年ぶりに故国を訪れた養女が自身の正体を探しに出る青春ロードムービー。 2004年に映画『歯痛』を通じてフランスで長編デビューしたチュ・ジホン監督がメガホンを取って、注目されていているヒューマンメロ作品だ。   チャン・ヒョクは劇中、いつ拍動が止まるかもわからない珍しい心臓病を患っているタクシー運転手ウンソル役を担った。 ウンソルは、冷笑的で無愛想に見えるが、実は深く暖かい心を持った人物で、養女メイが過去を探すため旅に出るのを手伝っているうちに、自身の希望を発見することになるキャラクター。 チャン・ヒョクは、自身の正体と過去を知るため 23年ぶりに故国を訪ずれる養女メイ役のソン・ユリと共に、胸に響く友情と愛の物語を届ける予定だ。   一方、ソン・ユリの初の映画挑戦作でありチュ・ジホン監督が韓国で初めてお目見えする映画として注目されていている『ウサギとリザード』は、2月中に撮影に入る。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 18日 21:22