[芸能] 観客が審査する‘マックスムービー映画賞’、主演男優賞はチャ・テヒョンに




  映画『過速スキャンダル』の主役を演じたチャ・テヒョンが、最高の主演男優賞に選ばれた。
パク・ボヨンは、新人俳優賞を受賞した。   映画のチケット予約サイトマックスムービーが主催し、先月2日から今月4日まで、ネチズン52万6852人が参加した‘第6回マックスムービー最高の映画賞’で、チャ・テヒョンが9万3256票で主演男優賞を受賞した。 また、韓国の映画担当記者たちの投票によって選ばれた新人俳優賞の栄光は、パク・ポヨンに渡った。 チャ・テヒョンは、「映画で主演賞をもらうのは初めてだ。観客たちが選んで下さる賞なので、とても感謝している」とし、パク・ボヨンは、「デビュー後、子役賞以来 初めて頂く賞なので、とても嬉しい」と、所感を伝えた。   『追撃者』は、2冠王に輝いた。 総10万5485票を得て作品賞を受賞し、ナ・ホンジン監督は9万7265票を獲得して デビュー作で監督賞を受賞した。 主演女優賞は、8万9152票を獲得したシン・ミナが受賞し、歴代最年少記録を立てた。 また 助演男優賞は、マックスムービー映画賞で初めて、外国俳優のヒース・レジャーが獲得した(10万95票)。 助演女優賞は、『無防備都市(ファム・ファタール)』のキム・ヘスク(8万7152票)、ポスター賞は 『良い奴、悪い奴、変な奴』、新人俳優賞と共に映画記者たちが選定した独立映画賞は『俺たちは、アクション俳優だ』が受賞した。   マックスムービー最高の映画賞は、観客たちが自ら審査する映画賞で、昨年封切りした韓国・外国映画422編を対象に進行された。 映画賞授賞式は、来る18日午後7時、ソウル・竜山CGVで開かれる予定だ。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 06日 01:51