[芸能] キム・ソナ、「シティホール」で1年ぶりドラマカムバックなるか


 

  女優キム・ソナが、SBS水木ドラマ『シティホール』でブラウン管にカムバックするものと見られる。   SBSドラマ局関係者は、「まだキャスティング段階なので確かなことは言えないが、ヒロイン役にキム・ソナが最も有力視されている」と明かした。 キム・ソナのキャスティングが確定した場合、キム・ソナは昨年6月のMBC月火ドラマ『ラブ・トレジャー 〜夜になればわかること〜』以来、約1年ぶりにカムバックすることになる。   『シティホール』は、『パリの恋人』、『オンエアー』などで活躍してきた名コンビ‘キム・ウンスク作家とシン・ウチョルPD’が準備している作品で、未婚の母の息子に生まれて 行政高等試験と司法試験を同時に通過した天才官僚の男性主人公と、市庁の末端公務員から最年少市長の座にまで上がるヒロインの成功期を描いた作品だ。 男性主人公役にはリュ・シウォンの名が上がったが、SBS側は まだ検討中にあり、契約条件などをおいて調整中だと明かした。    『シティホール』は、来る4月か5月に、水木ドラマとして編成、放映される予定だ。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 02月 04日 23:57