[芸能] 史劇「善徳女王」、豪華キャスティングで期待集める




  MBC大河史劇『善徳女王』の超豪華キャスティングが目を引く。   『善徳女王』は、最近俳優オム・テウンをキャスティングしたのに続き、主人公トンマンのライバルであり新羅時代のヒロインであるミシル役に、トップスターコ・ヒョンジョンをキャスティングした。 また、主人公トンマン役には青春スターイ・ヨウォンを起用して、コ・ヒョンジョンとのツートップを成し遂げた。   さらに、トンマン王女の継母格となるソファ役には、ソ・ヨンヒを起用した。ソ・ヨンヒは、映画『追撃者』からシチュエーションコメディ『あの方がいらっしゃる』まで、多様なキャラクターを消化した女優。 オム・テウンは、実質的男性主人公となるキム・ユシン役で、トンマンとのラブロマンスを構成する。オム・テウンは、本作を通して 約2年ぶりにブラウン管復帰を果たす。   ドラマ『善徳女王』は、新羅第27代女王だった善徳(ソントク)が女王の天子に上がるまでの一生を、躍動感たっぷりに描いたドラマ。 来る5月から韓国MBCを通して放映予定だ。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 01月 22日 22:28